ヘイストの買取で1番高く売れる業者ってドコ?

一番高くクリーブランドのヘイストを買取してもう方法

どうせ売るなら少しでも高い金額でヘイストを売って
次のバイクや車の軍資金に回したいですよね。

ですが、近くのバイク屋さんに持ち込んだり
下取りとなると、どうしても
本来もっと高く買取りしてもらえるはずのヘイストが相場より
だいぶ安くなってしまう可能性がとても高いです。

ヘイストを1番高く買取りしてもらうには
大手のバイク買取り会社で無料査定を
してもらうのが一番の方法です。

バイク買取優良会社ランキング【決定版】

bike1バイク王


王道中の王道。バイクを売るならまずバイク王に相談は間違いなし。
バイクに詳しくない方でも知っているバイク買取の最大手です。
その圧倒的な買取り額から一人勝ちの状態が長年続いています。
まずバイク王に査定をして相場を知ることが大切です。

bike2バイクランド(ゲオバイク)

 


ゲオが参入したバイク買取サービスです。
大手のバイク王に比べると若干買取りは弱い者の車種によっては
高価買取実績が多数報告されているのでバイク王と合わせて
抑えておきたいサービスです。

bike3バイクブロス一括査定



バイククロスが手掛ける一括査定サービスです。

有名雑誌が手掛けるサービスだけあって色々なバイク屋さんに
一括で査定を依頼できますが査定額の面で考えると
どうしてもバイク王とゲオバイクより高い価格を提示
してもらえる可能性は低いと思います。
2社で満足できない方は使ってみましょう!

 
いかがでしたでしょうか?

まずは迷ったらバイク王で査定をすることをお勧めします。
あらかじめ地元のバイク屋さんで値段を聞いておいておくのも
良いと思います。

おそらく1.5倍から2倍ほどの金額をバイク王では
提示してくれるはずです。
まずは金額を確かめて納得のいく金額でバイクを
売れるように頑張ってください!

最後に査定前にバイクを綺麗にしておくことを忘れずに!

管理人が実際に体験!バイク買取日記
私は個人的に2台のバイクを買い取りした経験があります。

1台目がヤマハのドラッグスター250 ブラックカラーで、2台目がヤマハのCB400フォア ホワイトカラーです。

まずこの2台は人気のある車種ですので、走行距離が多くてもさほど買い取り価格に影響がありません。

現に、ドラックスターは2~3万キロの中古車でも2~30万していますし、さらにカスタムされていると値段は上がります。

CB400も私は中古で購入したのですが、4万キロでも25万ほどした程です。

なので、私もそうですが、中身より外見を重視しているユーザーが多いという事が分かります。

それを踏まえ、買い取りを行う際に行う事をまとめますと、

①キズを無くすもしくは修正をするです。

まずは外見をしっかりキレイにすることが重要になります。

細かいキズ(特にタンクやタイヤカバーは一番目に入る部分です)はホームセンターなどでキズ直しキットを購入し直します。

さらにワックスをかけてピカピカにしておくととても良いです。

②サビをおとして下さい。

チェーンやタイヤのホイールスポーク、ハンドル周りが目立つ部分ですので、これもホームセンターでサビ落としを購入して、良く落としてください。

大きく2つの事をしておけば、人気車種は問題無く、高価格で買い取りが可能になります。

もし交換が可能でしたら、バルブも新品に変えておくと良いです。

実際に3社ほどの査定をしている作業を見ていたのですが、どの査定業者も、何回もエンジンの着き具合を確認していたのを覚えています。

エンジンは問題ないというのを見てもらうためにはバルブ交換も1つのテクニックになります。

まずは所持しているバイクの人気度を検索してみて下さい。

上位になっているバイクでしたら、今回の事がうまく買い取り時に活用できるでしょう。



【思いでの詰まったバイクどうせ売るなら高く売りたい!】

バイクを買取してもらう際、できるだけ高く売りたいというのが本音でしょう。
しかし、この買取査定。最低限やるべきことはやっておかないと、愛着のあるバイクを安く買いたたかれてしまいます。

ここではバイクを売る際に最低限準備すべきことを紹介します。

■多数業者から見積もりを取ること。

これは、基本ですよね。しかし、意外と面倒になって1社からしか査定を受けない人が多いです。
また、査定だけしてもらって、売らないのでは悪い気がする‥こんな人もいるでしょう。

今は、ネットで無料で一括査定などサイトがあるので積極的に利用すべきだと思います。

それぞれの会社には多少なりとも事情が違います。
例えば、あなたの所有するバイクの種類に対して在庫を多く持っているA会社とあなたの所有するバイクの在庫を持っていないB社とでは買取査定に差が出てくるのは当然と言えるでしょう。

多数業者から見積もりを見て比較をすることは基本中の基本です。
ただし、注意をしなければいけないのはオンライン査定で簡単な見積もりを取ると、例えば、20万円~50万円などとでてきますが、上限より下限を見て、下限の金額が高い業者を選ぶと良いでしょう。

■多数業者から見積もりを取ることで、自分のバイクの市場での相場価格が見えてくる。

孫子の名言に、敵を知り、己を知れば百戦危うからずと言う言葉があります。

実際に、査定に来てもらったら、あとは交渉です。交渉の際にできるだけ優位に立つのがバイクを高く売るのには重要なことです。
それには自分のバイクの相場を知っておくことが大切です。オンライン一括査定などを利用して、自分のバイクの市場での相場を知っていれば、交渉で足元を見られることはないでしょう。

【査定に来てもらう前にやるべきこと】

査定担当者も人間です。泥だらけのバイクと綺麗に洗車されたバイクではどちらを高く買い取りますか?
また、綺麗にしてあるバイクは、綺麗に乗っていたんだな‥という印象を与えます。最低でも洗車、できれば、ワックスもかけておきましょう。

以上の2点。当たり前のことですが、意外とやらない人が多いようです。

某大手バイク買取店勤務大宮さんからの情報

 あなたはバイクを売ったことはありますか?

 私はかつてバイク乗りに憧れ、情熱のままにやたらと車高の高いオフロードバイクを購入、
しかしやがて熱が冷め、ほとんど乗らなくなってしまいました。そうして哀れな我が愛車は購入店に買い取ってもらいました。
 しかし時代は変わり、今ではもっと賢いバイクの売り方があります。
当時のワタクシに教えたい豆知識、ちょっとここで披露させていただきます。

■ネットでバイクの一括査定サービスが使える

 便利な時代になったものですね。オンラインの買取価格査定サービスを使えば、複数の買取業者による見積もりを一気に取れるのです。

 しかも使い方も簡単で、メーカー名、排気量、バイク名、年式、カラー、走行距離などの情報を入力するだけ。これだけで、複数の業者の中から条件の良い業者を探すことができます。

 とはいえ、実際にその見積もり価格で買ってもらえるわけではありません。ここで提示される価格というのは、
『バイクの状態が最高の場合の価格』なのです。実際には現物を見て査定をしたときに、その道のプロがあれやこれやと理由をつけて安く見積もってきます。なるべく高く愛車を買ってもらうには、ここからが勝負どころです。

■複数の買取業者に見積もってもらおう

 一括査定サービスで提示額の高い業者をいくつか選び、実査定してもらいましょう。
この際、バイクをこちらから店頭に持ち込んでも、業者のほうから来てもらう出張査定でも構いません。こちらから持ち込んだほうが高く買ってもらえるんじゃないかと思うでしょうが、実は見積もり額にたいして変わりはないそうです。

 ここで大事なのは、即決で売らずにいったん見積もり書をもらうことです。なるべく安く買いたい業者さんは、
多少強引にでも話を進めようとするでしょう。じっと我慢して「見積もり書をください」と言いましょう。

■見積もり書を持って、さらに査定へ

 実査定で満足のいく買取価格を提示されたなら、その業者に売っても構いません。
しかし満足のいく買取価格を提示してもらえなかった場合は、他の業者にバイクと見積もり書を持ち込んでみましょう。業者の中には「どこよりも高くバイクを買い取る」と喧伝するものもあります。
まあ、名前を言ってしまうとレッドバロンなんですが……
 バイクの買取価格というのは、実は業者によってまちまちであり、
見積もり価格に大きな差がでることがあります。ここまですれば、必ず最高の値段であなたの愛車を買い取ってもらえることでしょう。
■やはり欠かせない、普段からのメンテナンス

 とはいえバイクの状態がひどいと、どれだけ努力しても低い買取価格しか提示してもらえないでしょう。
放置されてバッテリーが切れた、雨晒しになって漏電した、などということがあってはいけません。
 こう考えましょう。バイクとは機械の体である分、あなたの愛情がダイレクトに反映される生き物なのです。
普段から愛情をかけ、清掃や注油をこまめに行い、たまにはバイク屋に持ち込んでメンテナンスしてもらいましょう。そうすれば、あなたの愛機はきっとあなたの愛情に応えてくれます。そう、手放すその瞬間まで。

東京都内業界大手バイク買取店勤務野村さんからの情報
愛するバイクを手放すときはとても悲しいもの。ただでさえ悲しいのに自分の愛車が安かったらもっと
悲しいですね。高く売れることに越したことはないので、出来るだけ高値で買取りしてもらうためのコツを2点紹介します。
まずバイクを売却するうえで重要なのはその季節です。自分は手放す時期など何も考えないで、
12月の引越しでどうしても手放さなければならなくなり、11月に買取りをお願いしました。まだまだ新しく常にピカピカに洗車しており状態も全く問題なかったのに、そのときの値段が自分が予想していたよりもずいぶん安かったので査定スタッフに相談してみたところ、
これから冬のオフシーズンに入るというときに売却するとどうしても安くなってしまうということでした。深く調べなかったことを少し後悔しましたが、納得の理由でした。
買取り会社も売れないバイクを在庫として抱えるのはメンテナンスも
必要だし場所も取るので、これからベストシーズンにはいるという春ごろが最も買い取りに適した時期であり、一番高く買い取れるということでした。
会社によっては買取り時期が違うだけで倍くらい違うようです。 そしてもうひとつ重要な売り方、それは業者を一社に絞らないということです。これは引越し業者を選ぶときに何社
も見積もりを出してもらうのに少し似ていますが、バイクの場合は時間をとって細かい査定をお願いしないと正確な値段を教えてくれません。自分は当初何社もお願いしているのはマイナス点になるのではと各業者に他に査定をお願いし
ていることはあえて言わなかったのですが、ある会社のスタッフのほうから「他に査定する業者ってあります?出来れば同じ日時に査定したほうが結果が早いし高くなることもありますよ」と尋ねてきました。同じ日に同じ場所で
査定するんですかと最初はピンときませんでしたが、いざ当日になると私は予想していなかった方法で査定されることとなりました。私が依頼したのは2社だったので二名の査定スタッフが現地に集まりました。
各社が一通りバイクをチェックした後始まったのは、競りでした。いきなり一人のスタッフが15(イチゴー)と言い、もう一人は16(イチロク)と返す。するとさらに6.5(16万5千円)てな具合に競りを始めたのです。
途中でスタッフが「ちょっと上司に聞いてみます」と電話を入れたりして、値段が上がっていきます。そして残ったほうの言い値でOKなら売買成立といった具合でした。
恐らくですが車種によって業界内で既にこのくらいまでの値段と言うのはほぼ決まっているのだと思います。
なので現場では最終的に千円刻みの競りになっていたので細かいところで売り買いが成立するのかなと思いました。
愛車を売るのは寂しいことでしたが今まで見たことのないバイクの売買現場を見ることが出来て勉強になりました。
余談ですが重いバイクを軽々と手押しでダッシュしてトラックに積んでしまう業者さんがかっこよかったです

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*